2018年07月03日

ドクターシーラボ オールインワンゲル スーパーセンシティブは超敏感肌でも大丈夫?



こんにちは、AYAです。


このブログでは
あれが良い、これが良いで
悩まないための情報発信しています。


サッカーを見ていて
更新が滞ってしまいました💦

日本代表は残念ながら負けてしまいましたが
選手の方の頑張りに感動しました!  


今日は
これひとつでケアが完了!の
薬用アクアコラーゲンゲルスーパーセンシティブ
をレビューします。



s_dr-shi-rabo-compressor.jpg
【商品名】

薬用
アクアコラーゲンゲルスーパーセンシティブ


【メーカー名】

株式会社ドクターシーラボ


【価格】

5,367円(税抜き)


【全成分】

有効成分:グリチルリチン酸2K

その他成分:
水、BG、濃グリセリン、スクワラン、ラフィノース、ステアロイルオキシヘプタコサノイルフィトスフィンゴシン、セラミド2、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、水溶性コラーゲン(F)、フィトスフィンゴシン、天然ビタミンE、d-δ-トコフェロール、ビオチン、グルコシルヘスペリジン、アラントイン、トウキエキス(1)、カッコンエキス、クマザサエキス、シソエキス(1)、シャクヤクエキス、コメヌカエキス、オウレンエキス、ジオウエキス、L-アスパラギン酸ナトリウム、DL-アラニン、L-アルギニン、L-イソロイシン、5’-イノシン酸二ナトリウム、5’-グアニル酸二ナトリウム、グリシン、L-グルタミン酸、L-セリン、タウリン、L-チロシン、L-スレオニン、L-バリン、塩酸L-ヒスチジン、L-フェニルアラニン、L-プロリン、塩酸リジン、L-ロイシン、ホホバ油、モルティエレラ油、コレステロール、カラメル、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、キサンタンガム、1,2-オクタンジオール


s_beauty image12.jpg


🚩薬用化粧品って何?


厚生省が認めた
“効果が確認された成分”が一定以上配合された化粧品のこと。

この成分は有効成分と呼ばれます。

立ち位置的には
薬と化粧品の中間といったところ。

薬のように切れ味は良くありませんが
副作用が少ないところがメリットです。



👍スーパーセンシティブゲルの有効成分は?


グリチルリチン酸2Kです。

マメ科の植物“天草”から抽出した成分で
水に溶けやすい特徴があります。


化粧品に加工しやすいため
配合される商品は
化粧水やクリーム、ゲルなど多岐にわたります。


気になる効能は強い抗炎症効果。


まるでステロイドのように
炎症を抑えてくれるんですよね。


塗った翌朝にツルツルになるような
即効性があるので

身に覚えがある方も多いかと思います。


アトピーだけでなく
ニキビやエイジングケア商品にもよく見かける成分。


毒性は化粧品毒性辞典では白(無毒)


デメリットは
炎症を抑えてはくれますが
やめるとリバウンドが出るところです。


副作用はステロイド同様になります。


ちょっと怖いですね。



💊旧指定成分は入っているの?


旧指定成分とは旧厚生省が定めた
肌タイプによっては
トラブルが起こる恐れのある成分のこと。


今は全成分表示なので

消費者が自分で確認しなければ
知らないうちに
刺激のある成分を塗っていた💦


ということに。


自分の肌は自分で守らないと、ですね。


このゲルには旧指定成分は一切入っていません。
メーカーさんの頑張りを感じます。


🌱たっぷり和漢成分


ざっと見るだけで
アラントイン、トウキエキス、カッコンエキス
クマザサエキス、シソエキスなど入っています。

このATPコンプレックス(和漢植物混合エキス)

疲れたお肌に働きかけます。


植物アレルギーの方にとっては
かゆくなる恐れがあります。



💧アミノ酸配合で優しく保湿


DL-アラニン、L-アルギニン、L-イソロイシンなど、、、


なんと19種のアミノ酸入り


アミノ酸は天然保湿因子(NMF)といって
ヒトがもともと持っている肌の成分にとても近いため
肌になじみやすいのが特徴ですね。


毒性は化粧品毒性辞典では無毒(白)


さらに肌にうれしい弱酸性です。


【関連記事】



💡ここまでのまとめ


今までの情報をまとめると

抑える+保湿+和漢+アミノ酸

と言ったところです。

多方面から超敏感肌に働きかけるゲルです。

刺激のある旧指定成分も無添加です。

成分的には抑えるだけではなく
+アルファの配慮があるところが良いですね。



💊カラメルが気になる


個人的には
着色料のカラメルが気になりました。


安全性については
アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)が
このように確認しています。

“FDA”の「Code of Federal Regulations Title 21 Sec. 73.2085 Caramel」(文献1:2017)によると、

  • カラメルは、一般に眼の領域に適用される化粧品の着色剤として安全である
出典:


一応安全ということですが
食用としては発がん性も報告されており
化粧品だから大丈夫、、、というのはどうかなとも思います。


わたしは着色しないほうが
良いと思うんですけどね。
(超敏感肌用ならなおさら、、、)



ではここから
皆さんの口コミをチェックしていきましょう。



👄皆さんの口コミ


😊良かった

・ゲル特有のポロポロが出ることなく
使いやすかったです。
       (42才、敏感肌)

刺激がありませんでした。
     (31才、アトピー肌)

肌の弱い私でも使えました
     (39才、アトピー肌)

・使い続けるうちに落屑が落ち着いてきました
    (44才、アトピー肌)

😕イマイチ

・しみる、潤わない、、、
どこが良いのか分かりません。
      (27才、敏感肌)

・まぶたのあたりが痒くなります
      (39才、敏感肌)

・伸びやテクスチャーは良いのですが
顔が熱くなりました
      (25才、敏感肌)

・かゆくなりました。
     (34才、アトピー肌)

保湿力に不満です
      (35才、アトピー肌)


💡口コミのまとめ


【意見が分かれた点】

かゆくなる・しみる/肌に合う


【共通するイマイチな点】

保湿力がたりない



💓まとめ


今日はドクターシーラボの
アクアコラーゲンゲルスーパーセンシティブをレビューしてみました。

このゲルが向いている人は
炎症を抑えながら天然成分でケアしたい人です。

逆に向いていない人は
植物に敏感でアレルギーが出やすい人、となります。


少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。






ブログについての
ご質問やご感想などありましたら
お気軽にこちらまでお問い合わせください。


posted by AYA at 23:12| Comment(0) | ゲル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

免疫力になぜ酵素が必要なの?5つの理由


こんにちは、AYAです。


このブログでは
あれが良い、これが良いで
悩まないための情報発信をしています。


今日は免疫と酵素について
書いてみたいと思います。

体質改善したい方には必見の内容です。


s_jyosei yasai (2).jpg

酵素不足チェック


最近、体の調子はいかがですか。

もしかして、こんな悩みはありませんか。

✔肌の調子が悪くなった

✔食後に眠くなる

✔疲れやすい、だるい

✔便やおならが臭い

✔手足の冷え、むくみ

✔眼の下にクマがある

✔頭痛がする、頭が重い


これらすべては
酵素不足によるものです。


酵素と腸の関係


簡単に言うと

肌の調子が悪い
  
免疫力の低下
  ↓
免疫力の8割は腸内環境によるもの
  
腸内環境を整えよう
  
決め手は酵素


となります。

【関連記事】


今は酵素ブームで
酵素玄米やスムージーを習慣にされている人も多いですよね。


酵素の切れ目が命の切れ目


ちょっと怖いですよね、、、

でも本当です💦

酵素の役割は
ざっと上げるだけでこれだけあります。


①食べたものをエネルギーに変える

②体を動かす、呼吸する

③内臓を働かせる

④頭脳労働

⑤デトックス(老廃物を出す)


「えっ!これ全部そうなの?」

と思われたかも知れません。

そうなんです。

だから酵素が切れると
命にかかわってくるんです。


しかも酵素には限りがあります。

たとえば

・年を取る
・激しい運動
・ストレス
・アルコール


などでどんどん減少することに、、、


もしあなたが
「最近特にお肌の調子が悪い」と感じたら
酵素の減少も一因かもしれません。


特に運動は体にいいと思って
やりすぎてしまいがちなので要注意です。


【関連記事】


ペットフードとペットの寿命


よく
「ペットフードを食べている犬は短命」といいます。

原因は
添加物たっぷりとか原料が輸入品だから、、、

など色々言われていますが

わたしは酵素を食べないからだと思います。


さすがに加熱処理された食材に
人工的なビタミンやミネラルを添加した食事では

酵素がなくなるばかりですよね。


実際に確認されています。

【スコットランドとアメリカで行われた実験】

・加熱食と人工ビタミンを食べるネズミ(A群)

生野菜などの自然なエサを食べるネズミ(B群)

を2年半にわたって飼育した結果


A群のほうが
感染症や腸炎、肺炎、がんなどの
病気にかかったそうです。

B群は2年目の終わりになっても
病気にかかりませんでした。


ほかにも
アメリカのリンカーン動物園では
動物の健康を考えて

生のフルーツや生肉を与えているとか。

この動物園では動物が
とっても元気で長寿だそうですよ。



ビタミンだけ摂っても意味がない


栄養素は7大栄養素が有名ですが
今はファイトケミカルと酵素に注目が集まっています。

【7大栄養素】

・タンパク質
・脂質
・糖質
・食物繊維
・水
・ビタミン
・ミネラル

【第8の栄養素】

・ファイトケミカル
(緑黄色野菜の色素)


【第9の栄養素】

・酵素



7大栄養素を体に取り入れて
代謝、吸収するためには酵素が必要になります。

だから

錠剤でビタミンを補給しても

野菜スープを飲んでも

酵素がないと、
宝の持ち腐れになるんです(泣)



酵素を効果的に取るには?


・低速圧縮ジューサーでスムージーを作る
(普通のジューサーだと酵素が破壊されるから)

・おろす
(ジューサーが自宅にない場合はおろしてもOK)

・よく噛む
(しっかりと噛むことで唾液と混ざり合いアミラーゼという消化酵素がでます)

・発酵食品を食べる
(納豆、みそ、キムチなど)



まとめ


・免疫力と酵素は深~い関係にあります

・酵素は生命維持に欠かせない栄養素

・酵素は加齢、ストレス、アルコールなどで減少します。

・ビタミンだけ摂っても酵素がないと吸収されません

・効果的に食べるには専用のジューサーを使うほか
おろす、よく噛むなどすれば大丈夫です。


あまり難しく考えず
一日一個リンゴを食べるとか

夕食にお漬物を添えてみるなど

ちょっとした習慣に取り入れるだけで
きっと体が喜んで、
お肌にもいい影響が表れるはずです👍


参考文献:「酵素」が免疫力を上げる
s_IMG_0111 (1).JPG

【手軽に体質改善】


【アトピーと栄養】




少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。


このブログのご感想やご意見などありましたら
こちらまでどうぞ。


posted by AYA at 22:56| Comment(2) | 体質改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

抑えるケアに限界を感じたら。


こんにちは、AYAです。

このブログでは
あれが良い、これが良いで
悩まないための情報発信をしています。

今日は
「抑えるケアに限界を感じたら」
というテーマで
書いてみたいと思います。

s_beauty-image-12-compressor.jpg

🚩こんな悩みはありませんか


「良い口コミのクリームを買ったけど、
使わないと元に戻ってしまう」

「ステロイドの次はこのクリームに依存しそうで怖い」

などの不安はありませんか。

これは“抑える系”クリームの特徴です。

成分でいうと
有効成分のグリチルリチン酸2K(天草)は
抑える効果が高いです。

でも症状を抑えているだけなので
やめると元に戻ってしまうんです。


【関連記事】



😕健康な肌とトラブル肌の違いって?


それは「肌PH」です。
健康な肌のphは4,5~6,0未満の弱酸性です。

いっぽうで

皮膚炎を抱えている肌は
phが6.0以上のアルカリ性寄り。

s_PH hyou (1).jpg
画像出典:ウィキペディアより

上の表でいうと
健康な肌は真ん中より少しオレンジ寄り。
トラブル肌は真ん中から紫寄り、、、となります。



💡肌と腸内環境の共通点


お肌の調子は
腸内環境に似ています。

お腹の調子が悪いときは(下痢や便秘)
病院に行って
応急処置をしてもらいますよね。

これはあくまで対処療法

本当の原因は腸内環境の悪化です。

薬を使うと一時的に良くなりますが

薬ばかり使うと腸内が荒れるばかりで
解決にはなりません💦

乳酸菌を食べるなどして
腸に優しい生活を心掛けますよね。

肌もそれと同じで
抑えるだけでは本来の健康を取り戻せません。


💡肌が弱酸性の理由


健康な肌は弱酸性です。

これは偶然ではなく、理由があります。

理由①

・殺菌のため

皮膚の役目は私たちを外界から守ること。
もしケガをしたら傷口からおかしな菌が入って病気になると困ります。
殺菌のためには酸性が適しています。


理由②

・収れん作用

収れん作用とは肌をキュッと引き締める作用のこと。
表面を締めることでばい菌や毒素が中に入らないようにします。
これは酸性のほうが高いんです。

アルカリ性の場合は「膨潤作用」といって
逆に作用してしまいます。


人間の体ってよくできているなあって思います。

だから、

いかに肌を弱酸性に近づけるかがポイントになります。


😊弱酸性だったらどうなるの?


腸内環境に例えると
善玉菌が増えて悪玉菌が少なくなるイメージです。


弱酸性の肌は


①殺菌効果が働くので、、、

美肌菌といわれる常在菌が活躍できるようになりますので、
悪玉菌(黄色ブドウ球菌やアクネ菌)を抑えてくれます。


②収れん作用が働くので、、、

お肌をキュッと引き締めて
有害物質をシャットアウトします。

黄色ブドウ球菌は
アトピーの原因の一つですし
毒素だって、体内に入れたくないですよね。


💓まとめ


・抑える系ケアに限界を感じたら
肌phを整えることを意識してみると
良いと思います👍

・トラブル肌はアルカリ性に偏っています

・美肌菌が活躍するのは弱酸性

・肌表面のphを整えることは
肌本来の働きを助けることにつながるんです。




少しでもあなたのお役に立てれば幸いです。


このブログへの
ご質問やご相談などございましたら

こちらまでどうぞ。


posted by AYA at 18:18| Comment(0) | スキンケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする